脱毛

脱毛は機械によって波長の長さが違う

脱毛サロンで使っている機械は、光式と呼ばれる機械がほとんどです。反対にクリニックや病院の皮膚科で使っている機械は、レーザー脱毛と呼ばれます。この2つの違いは、主に波長の長さの違いです。波長が長ければ長いほど、肌の下にある毛根へしっかりとダメージを与えることができ、脱毛効果がより高いとされます。

ですからクリニックや病院の皮膚科で使われているレーザー脱毛は、より一度の施術で毛根へ強いダメージを与えることができるのです。レーザーによる施術は脱毛サロンの施術にくらべて、3分の1ほどの回数ですべての毛を抜け落とすことができます。

レーザー脱毛のデメリット

病院の皮膚科やクリニックでうけられる脱毛を、レーザー脱毛といいます。この場合はムダ毛の毛根へ与えられるダメージ量が多いため、必ず専門の医師による施術が必須となっています。研修をうけたスタッフが行う脱毛サロンとは違い、確かな技術を持った施術をうけることができます。

デメリットとしてあげられるのが、施術の際に強い痛みを伴う点です。肌に与えられる刺激も大きいものになりますから、施術後に赤みがでてしまったり、乾燥が目立つようになるといったことがあります。脱毛サロンよりも脱毛効果が大きいのも事実ですが、このようなデメリットもあるので注意が必要です。