脂肪吸引

実際には美容外科において、どの様な流れで脂肪吸引が行われるのでしょうか。美容外科に行ってもすぐに脂肪吸引が受けられる分けではありません。まずは、脂肪吸引を受けるために、美容外科選びをしないといけません。ここに時間をかける人は多い様です。

そして、脂肪吸引を受ける美容外科が決定すると、カウンセリングの予約をします。また、美容外科によっては、カウンセリングと手術を同日に終える事ができる場合もある様です。そして、医師との話し合いで問題なければ、脂肪吸引が行われます。

また、手術を終えた後は、回復まで待ち、今後の説明を受けると帰宅する事になります。そして、後日アフターケアを受けて終了となります。

美容整形の脂肪吸引はまぶたでもできる?

最近では、美容整形が手軽にできるように、東京・大阪をはじめ様々な県で美容整形外科が増えています。美容整形での脂肪吸引はおなか・太もも・おしりなどの脂肪が多い箇所を一般的に想像しますが、顔にもできるようになりました。

顔に行えるので、まぶたにも脂肪吸引は行えます。その箇所だけで行っても、あまり効果がみられないため、二重埋没法の際についでにと一緒に行われることが多いです。

この手術には向き不向きがあり、効果があまり感じられない場合もあります。まぶたがすごく腫れぼったく、眼窩脂肪が多いと思われる人にしか向かない施術です。

美容外科でできる脂肪吸引

気温が上がると薄着になりますので、身体のラインが気になる人も多いことでしょう。そのような人たちは、ダイエットをしたり、食事制限をしたり多くの手段で痩せようとしますが、時として成果が見られない時もあります。

体重を落とすだけであれば、だれにでも簡単におこなうことができるでしょう。しかしながら、身体のラインを整えるというと非常にむずかしいことがあげられます。そのような場合においては、美容外科での脂肪吸引の施術をおすすめします。この施術であれば部分痩せも簡単にできますので、今まで抱えていたコンプレックスから解放されることができるでしょう。

脂肪吸引の最新鋭のvaserの施術を受ける

美容外科やエステサロンなどの機関で、痩身術を受けたいと思っている人においては、新たな吸引機器として知られているvaserを知っている人も多いことでしょう。このvaserに関しては脂肪吸引の機器となりますが、これまでと異なりさまざまな箇所の脂肪を吸引できるようになっています。

また、身体への反応やダウンタイムも軽くなったことから、施術を希望する人は大勢いるようです。導入している美容外科や専門のクリニックについては、限りがありますので、しっかりとした場所をリサーチし、施術を受けることをおすすめします。

脂肪吸引が終わったらしっかり矯正下着をつけよう

脂肪吸引は脂肪の吸引をしたらはい終わりということではなく、ダウンタイムもありますし、ダウンタイムの際には圧迫下着をつける必要があります。しかしダウンタイムの間には筋肉痛のような痛みや引っ張られるような痛みを感じる人もいるようで、そういった人に限って勝手に圧迫下着をやめてしまったりします。

しかしこちらは術後の体のラインを整えるために着用するものです。勝手にやめてしまうのではなくできる限りしっかり最後まで着用するようにしてください。一度崩れてしまった体を元に戻す方が難しいです。アフターケアは大事です。

VASER全顔面脂肪吸引&上下口唇脂肪注入

美容整形・美容外科Kunoクリニック大阪、東京 【小顔形成】

美容整形は美容外科kunoクリニック 大阪、東京

東京銀座院
〒 104 – 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 公式
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 脂肪吸引
http://bust.k-biyou.com/ 豊胸
http://nose.k-biyou.com/ 鼻整形
http://eye.k-biyou.com/ 二重整形

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸手術、二重まぶたにする二重整形、隆鼻などの鼻整形などの美容整形。Vaserによる脂肪吸引、豊胸で有名。

他院での美容整形の修復なども行っています。

関連